ホーム > 終のすみか探し

「シニア期に大切なもの」それは、
安心してくらせる“終のすみか”

人は誰でも老い、やがて最期の時を迎えます。ラストプランニングの準備は、早ければ早いほど良いとFPリフレッシュは考えます。
子どもの世話になることを前提としていた昔と違い、人生の後半期を有料老人ホームなどですごす人が多くなりました。子どもや親族の人生に寄りかかることなく、負い目も気兼ねもなく生きたいと考える人が増えたのです。

ご夫婦、独身の方、伴侶に先立たれた方、ご両親や親族の“終のすまい”をお探しの方。FPリフレッシュではお一人おひとりのご希望に即したラストプランニング作成をお手伝いいたします。
資金面では、マネーシミュレーションを行い、無理なく安心・安全の得られる手段を具体化。施設の選定では、ご希望に応じて見学や契約の同行まで、万全のサポートを行います。

安心して暮らせる“終のすまい”探します

「終のすみか探し」コンサル活用の3つのメリット

1「本当に自分に合った施設と出会える」

FPリフレッシュの経験と知恵で、数ある高齢者施設の中から、最適な候補をピックアップできます。
また、お一人おひとりにあった「最適」についてのポイントをしっかりご説明いたします。
中立な立場なので、特定の施設をオススメすることはありません。

2「資金計画が万全に」

ファイナンシャルプランナーだからできる安心・確実な資金計画。
今の家計と資産を見直し、活用できるものは有効活用し、現金化できるものは現金化の手段を具体的に提示。
理想論ではなく実際の計画とすることができます。

3「相続・遺言・お墓・ご葬儀の相談もOKです」

余計な面倒を残さず、きれいに最期の時を迎えたいもの。また、自分の最後の希望は尊重してほしいものですね。
希望の具現化をご一緒に考えることはもちろん、各専門家と連携を取りながらご支援いたします。

このような方、「終のすみか探し」コンサルをご利用ください

  • 現在一人暮らしで、要支援2、身体が動きにくく、不安がつのってきています。
    自宅で介護サービスを受けてすごすか、思い切って有料老人ホームに入るか、考えています。
    もし、入るなら、いくら位かかるのか、具体的にどこの施設なら入れるのか、相談したい。
  • 妻が亡くなり、一人暮らしです。健康ですし、資金的には十分にやっていけますが、食事作りが苦手です。健康面を考えると、元気な人向けで、食事と健康管理などの完備した明るい高齢者施設へ転居しようかなぁ〜と思います。私に合うところはありますか。
  • 有料老人ホームへ入ろうと思いますが、自宅はそのまま残しておきたい。何かよい方法があったら知りたい
  • 身寄りがなく、成年後見制度や財産管理契約を結んでおくと安心と聞いたが、詳しく知りたい
  • 母は軽い認知症だが、最後まで看てもらえる有料老人ホームはありますか。

「終のすみか探し」コンサル活用の流れ

第一段階

1. 徹底したヒアリング

希望される有料老人ホームなどの高齢者施設の類型、エリア、立地条件、優先希望条件、
資産状況(金融資産・不動産・公的年金・個人年金・保険など)etc.

(分析・調査・候補選定)

第2段階

2. 簡単なキャッシュフロー表と、候補の施設を複数ご提示

・ご自身で候補施設をご見学していただく(有料で同行も可)
・気に入られた施設に、可能な限り体験入居していただく

第3段階

3. 候補再検討

ご一緒に再検討
再度、候補施設ピックアップもあり(料金:要ご相談)

4. 最終決定

【オプション】

・入居に必要な書類の準備サポート

・契約同行

「終のすみか探し」コンサル 料金

※対応エリア:東京都・神奈川県(一部を除く)・要相談(埼玉県・千葉県)
※同行時の交通費は実費をいただきます
※急に退院が決まった場合などの緊急時にも対応いたします。お気軽にご相談下さい。

基本コース:90分×3回 5万円〜(3ヶ月) 

  • 初回:ヒアリング、ご希望を伺う、分析
  • 具体的な候補となる施設をご提案 (3〜6カ所程度)
  • ご自身で見学・体験入居していただく
  • 別料金で、見学のご同行もいたします(要相談)
  • ご一緒に再検討

見学同行:1カ所5,000〜10,000円(エリアにより要相談)

  • 施設前、もしくは最寄り駅より施設見学〜出発点まで。
  • 原則、ご自身で歩行可能な方。重介護の方はご家族などのご同伴、もしくは、ご家族がご見学をお願いします。

契約同行:10,000円(エリア・身体状況などにより要相談)

「終のすみか探し」のよくある質問

現在70歳で健康ですが、介護が必要になってからでは探しにくいので、今からでも入れる施設はありますか?
ございます。介護付有料老人ホームの自立型やいくつかの住宅型有料老人ホームなどです。
高齢者施設を選ぶポイントは何ですか?
倒産しないような経営基盤のしっかりしたところ、資金面で無理なくご自身の身の丈に合ったところ、そして、見学・体験入所して雰囲気などが気に入ったところ…これが基本です。
施設の第一印象は大事ですか?
はい。これから先、何年も生活するすまいです。予算・条件などで決めてしまいがちですが、見学や体験入居をして感性にマッチしていることを確認することも大切です。セミナーでは、《1+5=6》の効能を強調しています。
1・・・第一印象
5・・・五感に働いてもらい
6・・・第六感でYES or NOを
入居候補施設として、残すか消すかの判断基準となります。
見学したことはないので、一人で行くのは不安なのですが・・・
有料ですが、ご見学に同行いたします。
持病がありますが、有料老人ホームでは医療面のケアもしてもらえるのでしょうか?
施設ごとに異なります。どこまでが可能か、十分に説明を受ける必要があります。
有料老人ホーム選びのコンサルで、コンセプトは何ですか?
お客様のお気持ちを第一に。隣でご一緒に、きめ細やかに、ハートフルに!
ご信頼いただけるコンサル&パートナーとして、納得のできる施設探しをお手伝いします。
また、ご自身で「これぞ!」と思われる施設へのご入居に関してのセカンドオピニオンにも応じます。
『すまい探し』とありますが、どこまでやってくれるのですか?
面談の上、詳細はご相談させていただきます。
はじめから入居までの「フルサポートコース」とは?
はい、3段階になりますが、基本は3(〜4)回の面談を中心に行います。
詳しくは「終のすみか探し」コンサルの流れをご覧下さい。
最近「サービス付き高齢者向け住宅」ということばをよく見かけますが…
これからどんどん増えてくる注目の高齢者住宅です。原則25u以上でバリアフリー構造の賃貸住宅ですが、医療や介護と連携し、高齢者が安心してくらせるように、ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスが付いています。サービスの中味は施設ごとにさまざまなので、十分に調べる必要があります。
「小規模多機能施設」とはどんな施設ですか?
「施設」から「在宅」へという国(厚生労働省)の方針により、市町村管轄の地域密着型サービスとして平成18年から新設された介護保険サービスです。
デイサービスを基本とし、必要に応じてホームヘルプサービス(訪問介護)、ショートステイ(宿泊)という3パターンのサービスを一つの事業所で受けられます。ただし、定額制で、他のデイサービスなどを利用できなくなるなど、注意点もいくつかあります。
実家の母が認知症でグループホームを探していますが、私の家の近くで探す方がよいのでしょうか?
お母様がどうしても地元がいいとこだわらないようでしたら、その方が便利です。
グループホーム側にとっても、身元引受人がお近くにお住まいの方が何かと好都合です。
身元引受人となる親族がおりませんが…
はご安心ください。成年後見制度をご利用できます。

当オフィスのコンサルでは、あくまでもお客様に最終判断をしていただきます。
ご入居後のトラブル、経営母体の変更などの責任は負いかねますことをご了承ください。

ファイナンシャルプランニングFPリフレッシュ

■相談メニュー

ライフプラン(セカンドライフ・教育資金・住宅資金)、高齢期のすまい(有料老人ホーム・終のすみか・高齢者施設・サービス付き高齢者向け住宅・シニアマンション・移住・住みかえ)、介護関連、資産形成、マイホーム購入

事業所案内を見る

オフィス

150-0002
東京都渋谷区渋谷1-8-3
TOC第1ビル8F
TEL:03-6868-4223
平日|10:00〜18:00
緊急時対応致します ※ご相談やセミナー中は、電話に出られないことがございます。留守番電話に入れていただけましたら、折り返しこちらからご連絡させていただきます。

アクセスマップ

JR線、地下鉄各線「渋谷駅」より徒歩5分

対応エリア

東京都、神奈川県の全域
埼玉県、千葉県の一部

対応エリア
成年後見業務に携わる 仕業者様へ

弁護士、税理士、司法書士、社会福祉士など、成年後見などで高齢者施設をお探しの士業の方もお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
FPリフレッシュブログでは、有料老人ホーム見学記、セミナーのお知らせや、趣味の旅行記を書いています

お知らせブログ

FPリフレッシュfacebook